ラッフルズホテルシンガポールで英国式アフタヌーンティー

ラッフルズホテルシンガポールのグランドロビーでのアフタヌーンティー 【シンガポール】ホテルのレストラン
スポンサーリンク

ラッフルズホテルシンガポール営業再開

ラッフルズホテルシンガポールのグランドビル

白い独特な建築物ラッフルズホテルはシンガポールの象徴

シンガポールを訪れた観光客が一度は足を運ぶ場所、それがラッフルズホテル(Raffles Hotel Singapore)。

ながらく工事で閉鎖されていたグループの旗艦ホテルが、堂々と再登場(再オープン 2019年8月1日)。

車寄せを抱え込むような建物の外観はそのままに、ロビー内は雰囲気が一新!シックな中にも豪華さを感じる造りになっている。

待ちに待った本館オープン、早速最初の週末にグランドロビーThe Grand Lobbyでアフタヌーンティーを体験。

豪華なグランドロビーでのアフタヌーンティー

グランドロビー正面玄関でスタッフに予約の旨を告げて、ロビーに足を踏み入れる。

天井からの自然光を取り込むロビーの中心にシャンデリアが位置し、その左右にテーブルが配置。

ここがアフタヌーンティーを楽しめるグランドロビーである。

オーダーしてしばらく待つと、運ばれてきた三段トレイ。

ラッフルズホテルシンガポールのグランドロビーでのアフタヌーンティー

スイーツ類は色鮮やか、白を基調としたロビー内に彩色のアクセントともなり、目でも楽しめる。

1段目は、スイーツ2種(マンゴークリームムース、オレンジピール入りパイケーキ)

ラッフルズホテルのアフタヌーンティー1段目

2段目は、スイーツ3種(ピーナツバターケーキ、ピスタチオシュークリーム、ベリーロールケーキ)

ラッフルズホテルのアフタヌーンティー2段目

3段目は、サンドウィッチ4種。

ラッフルズホテルのアフタヌーンティー3段目

紅茶もしくはコーヒーをメニューから選ぶ。

プレミアム紅茶は、追加料金がかかるが、スタンダードのものであれば1ポット後は別の種類に交換可能。

特にお勧めなのは、小ぶりなスコーン(プレーンとレーズンの2種類)

ラッフルズホテルのアフタヌーンティー、スコーン

外側のぱりっとした食感に反して、中はふわふわで、こだわりの1品とも言えるだろう。

グランドロビーについて

ラッフルズホテルのグランドロビー

白さがいっそう目立つようになったグランドロビー

ラッフルズホテルに足を踏み入れた時に感じる独特の高揚感は、このグランドロビーの雰囲気にあると言っても過言ではない。

その構造は変わらないものの、いくつか改装後変わった点がある。

  • 壁からの照明だったのが、ロビー中央に大きなシャンデリアが設置。
  • 玄関から入ると右手にレセプションカウンターがあった場所が、ライターズバーWriter’s Barとなった。
  • 以前ライターズバーがあった場所と反対側のティフィンルームTiffin Roomドア横に、グランドロビーのテーブルが置かれた。ちなみに、ライターズバーとティフィンルームの入口にあった鉄柵は、ラッフルズブティック(ホテルのお土産屋さん)の装飾として利用されている。
  • ラッフルズグリルは、その名をLa Dame de Picと変えて、ミシュランシェフ(アン・ソフィー・ピック)によるフレンチレストランとなった。
  • アフタヌーンティーの間(休憩を入れて)、ハープ奏者による演奏が行われていた(以前1階に置かれていたピアノは2階へ移動)。

ラッフルズホテルのグランドロビー

食後はラッフルズホテルを散策

正面玄関には、有名ないでたちのドアマンが控えている。観光客との記念写真でも引っ張りだこ!

ラッフルズホテルの有名なドアマン

お土産購入は、ラッフルズブティックRaffles Boutique!

ラッフルズホテルのお土産屋さん、ブティック

お土産屋さんのみならず、ラッフルズホテルの歴史を説明するボードも掲げられている。

アフタヌーンティーの予約方法

予約については、公式サイトからの予約が便利。

予約は必要ですか?

観光客にも人気のあるラッフルズホテルですので、予約された方が無難ですね。午後12時から6時までと、幅広い時間帯でアフタヌーンティーが楽しめます。希望する時間からの予約が可能かどうか、確認も必要です。

注意することはありますか?

予約時にクレジットカードの番号を確認されますので、キャンセル要綱には注意が必要です。

また、ドレスコードがありますので、ホテルマナーによる服装をお忘れなく!

なお、日本人にも人気のあったティフィンルームのアフタヌーンティーは、現在(2019年8月)は行われていない(再開されるかもしれませんので、要確認)。

国定記念建築にも指定されているラッフルズホテル、グランドロビーは装い新たながらも、時が止まったような空間。
こちらでのアフタヌーンティーは、まさに過去に思いをはせながらも、ゆったりとした気持ちでその空気を味わえる。
3段トレイの英国式アフタヌーンティーは、まさにこの場所にふさわしいものだと。
シンガポール観光の際には、訪れるべき場所としてリストアップされることをお勧め。
Raffles Hotel Singapore
住所:1 Beach Road Singapore 189673
電話:+65 6337 1886
訪問日:2019年8月3日(土曜日)
場所:ラッフルズホテルシンガポール グランドロビー
料理:アフタヌーンティー ひとり68シンガポールドル++(シャンペン付きは+20ドル・+30ドル)
*シンガポールで+はサービス料の10%・+は消費税7%
(要予約)予約時には、クレジットカードでのデポジット登録が必要

タイトルとURLをコピーしました